欧州生活サブノート

オーストリアでの暮らしできになることをまとめています。

機内持ち込み用スーツケース SamsoniteとRimowa比べ

f:id:sophiekumi:20170504224128j:plain

 

機内持ち込みもできる小さいスーツケースを一つ持っています。飛行機での移動に関わらず、ちょっと旅に出かけるときにも愛用して来ました。

私のキャリーケースはもう何年も前に買った無印のものです。

国際線機内持ち込みサイズのものですが、今はもうこの商品無印では売られていないみたいです。

沢山入るし、4輪で移動もしやすいので気に入っていますが、先日旅行に行こうと荷造りをしていたとき、航空券のチケットを預け荷物無しの一番安いものにしていたため、機内持ち込み荷物オンリー、しかも8キロまでという制約で最小限の荷物しか入れられませんでした。

 

そこで荷造りをする前に、キャリーケース自体は何キロくらいあるのか計って見たところ、3キロ以上あったのです。8キロの荷物のうち半分近くをキャリーケースの重さが占めるとなると、いくらスペースがあっても沢山詰め込みができません。

 

無印良品モノづくりコミュニティー[みんなのかばん]快適な使い心地のキャリーバッグができました

こういうのを持っています。↑

 

横で同じく荷造りをしていた相方。彼のキャリーケースはサムソナイトのUpliteというシリーズの二輪のもの。

www.samsonite.at

 

これは新しいデザインですこしだけ作りが違ったりしているようですが、大きさなどは変わりません。なんとこのキャリーケース、50cm ×40cm ×20cm

すごーく軽いんです。しかも大容量。

機内持ち込み用では、やはり軽いことはプライオリティに来る条件ではないでしょうか。特に、機内でそのキャリーケースを持ち上げて頭上の棚に収める場合だって、軽い方が良いに決まっています。

 

ああ、これいいなぁと思っていたところ、あ、そうだ、私はいつかリモアの機内持ち込み用サイズのキャリーケースが欲しかったんだ!と思いつき、それについても調べて見ました。

 

ありました。ありました。

サムソナイトのものとほぼ同じ大きさ&容量の、機内持ち込みサイズ♪

f:id:sophiekumi:20170504231733p:plain

ウルトラライト キャビンマルチホイール 33L【SALSA AIR】 |リモワ通販なら、正規販売店の林五

 

リモワのスーツケースは、大きいサイズのものを所有していますが、やはり動かしやすいのですごく気に入っています。もうかれこれ10年近く使っているので、十分元も取れているかと思いますしw

やっぱりいいなぁリモワ。

で、このタイプは日本だと54000円だそうです。やっぱり高いんだよな、リモワ。。。

ちなみに、上に紹介したサムソナイトのソフトキャリーケースは日本のサムソナイトサイトで探しても見当たらなかったので、日本では売られていないのかもしれません。

ちなみに、こちらでは150ユーロ(約18500円 2017年5月4日のレート)です。リモワに比べるとだいぶお財布に優しいお値段♪

 

サムソナイト

Pro                                                                     Kontra

・軽い 1.7kg      

・容量37リットル                                           ・二輪(あえて言うならという意味で)

・割れる心配がない(ソフトケース)   ・デザインがリモワに比べると。。

・安い

・ポケットが多い

 

リモワ

Pro

・デザインが可愛い

・軽い(サムソナイトより200g重いけど、まぁ軽いでしょう)

・4輪(リモワの動かせ易さは一度使うとやみつき)

 

Kontra

・割れるかも(まぁ預け荷物として使わない限りは大丈夫でしょうが)

・高い

・外ポケットは無し

・容量33リットル(サムソナイトと比べると少ない)

 

こうやって書き出して見ても、甲乙つけがたさが大きくなるばかりです。。。

 

まあ、うちには相方のサムソナイトがあるということで、比較ができるという理由からリモワを選んでも良いのかもしれませんが、今のところ予算がありませんので、購入できるのはまだ先になりそうです。

結局買わないのかよ!!

 

 

 

 

本サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。