欧州生活サブノート

オーストリアでの暮らしできになることをまとめています。

カット数の多いキッチンペーパーが好き

f:id:sophiekumi:20161111075941j:plain

 

トイレットペーパーじゃありません。キッチンペーパーです。先日ブダペストに行った時にスーパーで見つけて速攻購入。

この手のキッチンペーパーが好きなんですけど、なぜかオーストリアでは売ってるのをみたことがありません。(もしかしたらどこかで売ってるのかもしれないけど)

 

大容量だから、惜しみなく使えるのが良いし、なかなか無くならないから、普通のキッチンペーパーと違って新しいのを出してくる頻度も少なくて済む。

ちょっとキッチンを掃除したいときにもサッと使える。ほんと便利で好きです。

 

日本ではどんなキッチンペーパーが売れてるのかと調べてみた。

アマゾンのキッチンペーパー売れ筋ランキングはこんな感じ。

f:id:sophiekumi:20161111080511p:plain

 

エリエール 超吸収キッチンタオル (70カット) 4ロール入

第1位はエリエールの超吸収キッチンタオル (70カット) 4ロール入。長さ1.4倍巻きで、長持ちというの文字がパッケージに書かれてある。やはり長持ちなのが良いよね〜。

しかも超吸収ってどんな感じなんだろう。日本で今度買ってみよう!

 

ドイツのアマゾンではどうだろう?

f:id:sophiekumi:20161111081132p:plain

このZewaというメーカー、オーストリアのスーパーでも普通に見かけるけど、このキッチンペーパーは使ったことがないなぁ〜。

 

どうでも良いけど日本のベストセラーとドイツのベストセラーを比較して見る

 

日本代表 

エリエールの超吸収キッチンタオル (70カット) 4ロール 246円

1ロール70カット 61.5円 1カット 0.88円

f:id:sophiekumi:20161111082503p:plain

 

 

ドイツ代表

Zewa Wisch und Weg Küchenrollen "Reinweiß", 16 x 45 Blatt (16 Rollen) 

1ロール45カット 16ロール入りで7.56ユーロだから、

1ロールあたり0.47ユーロ(約55円)1カット 約1セント(1円)

f:id:sophiekumi:20161111082525p:plain

 

1ロールあたりの値段はドイツのものが安いけど、1カットあたりの値段は日本のものがわずかに安いという結果に。

 

両方とも使ったことがないから、性能はわからないけれど、私はキッチンペーパーの交換に面倒臭さを感じるので、カット数多い+少し安い 日本のキッチンペーパーの勝ち!

 

 

 

番外編

日本で売られているキッチンペーパーでカット数の多いものを探してみました。

f:id:sophiekumi:20161111082918p:plain

f:id:sophiekumi:20161111083131p:plain

150カットが最大レベルかな〜。でも、日本のキッチンペーパーは吸収力が良さそうなので、こういうのもいろいろと試してみたいですね〜

 

 

スコッティファイン 3倍巻き キッチンタオル 150カット×4ロール

スコッティファイン 3倍巻き キッチンタオル 150カット×4ロール

 

 

 

業務用ペーパータオルS 200枚×5パック

業務用ペーパータオルS 200枚×5パック

 

 

 

ネピア 激吸収 キッチンタオル 2枚重ね 100カット×4ロール

ネピア 激吸収 キッチンタオル 2枚重ね 100カット×4ロール

 

 

 

エリエール 超吸収 キッチンタオル シートタイプ 100組200枚(23×21cm)×2個入り パルプ100%

エリエール 超吸収 キッチンタオル シートタイプ 100組200枚(23×21cm)×2個入り パルプ100%

 

 

本サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。