読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欧州生活サブノート

オーストリアでの暮らしできになることをまとめています。

日本の雑誌を大処分

f:id:sophiekumi:20161004171115j:plain

 

思い立って日本の雑誌をかなり処分した。

日本へ帰国した際や、日本のアマゾンへ注文して取り寄せたもの、そしてNHKの語学講座のテキストも。

日本の雑誌というだけで貴重なので、今まで大事に大事に持っていたけど、結局本棚にたてかけていただけで、その中身を読み直すことはほとんどなかった。

NHKの語学講座テキストは、また復習する時に必要!と思ってこれまた大事に保管していたけど、その復習の日は来そうにないw

 

雑誌12冊、NHK語学講座テキスト12冊 たった24冊だけれど、持ってみるとかなりの重さ。まだ数冊は残してあるのだけれど、これもそのうち処分行きになるだろうなぁと思っています。

 

昔は雑誌が大好きで、大学生のときなんか、アホみたいに月に何冊も購入していたけれど、結局私の場合、さーっと一通り目を通せば、すぐ次の号や次の雑誌が発売されるから興味がそちらに移って、その後読み返すことなんてほとんどなかったように思います。

今でこそ、日本からえっちらほっちら重たいのを頑張って持ってきたという歴史があるので、雑誌を大切にして(ほぼ保管だけだけど)いるけれど、あの当時の私はお金を無駄遣いしてたもんだなぁと反省してしまいます。。。

 

ところで、雑誌といえば、私は日本から欧州へ帰ってくるときは、飛行機の中で読む用にファッション雑誌を買うことが多いのですが、その雑誌で紹介されている服装やメイクなど、素敵!って思っても、実際こちらでの生活でそのような洋服を買えることもありません(まず売ってない)し、気候が全然違うので真似しようと思ってもなかなか難しい(秋に素足にパンプスとか無理!)です。

あんな素敵な格好ができたら嬉しいなぁ〜とは思うんですけど、こちらでの生活ではなかなか難しいのが現状。

というか、多分日本のファッション雑誌に出ているような格好をしていたら、浮いてしまって、お金持ちと間違われてスリに狙われやすくなるかも、なんてことも考えますし^^;

 

 

かたや日経WOMANなど、日本の働いている女性向けの雑誌は、日本に住んでいる頃はかじりついて読んでいたけれど、こちらでは、その内容と自分の生活、仕事の内容がなかなか合わずに、これまた最近はあまり買わなくなってしまいました。

なんか残念な気もします。

仕事、結婚、貯蓄なんかのことを色々試行錯誤しながら、仕事着ならこれ、とかスーツでも買ったり。。。という日本のOLさんを一度やってみたかったなぁなんて今さらながら思います。

 

それとは別に、最近面白いなと思って良く読むのがLEE

読み物が結構あるのと、美味しそうなレシピが沢山紹介されているのがこの雑誌の好きなところです。

恐らく、子持ちの若い女性向けの雑誌なのでしょうが、子どものいない、そんなに若くもない私でもこの雑誌はかなり楽しめます。

日本のアマゾンで注文してこちらまで配送してもらうと、一冊が日本の3倍近くかかるので、数ヶ月に一度注文しています。

 

 

日経WOMAN2016年10月号

日経WOMAN2016年10月号

 

 

LEE(リー) 2016年 10 月号 [雑誌]

LEE(リー) 2016年 10 月号 [雑誌]

 

 

 

 

本サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。