読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欧州生活サブノート

オーストリアでの暮らしできになることをまとめています。

3月のチャレンジの反省会

チャレンジ

f:id:sophiekumi:20160404042350j:plain

 

3月は乳製品カット生活をしてみた

先月は、思いつきで乳製品を摂らない生活を心がけてみました。2度ほどピザを食べて、チーズをその時に摂取してしまったことと、パンにバターをつけて食べてしまったことも数回ありましたが。。。

でも、コーヒーを断っているので、コーヒーを飲むときに必ず入れていた牛乳や生クリームのたぐいはゼロ。

パンにバターをつけたのも数回で、普段よりはぐんと少ない回数でした。

ヨーグルトも食べませんでしたし、自宅では乳製品を摂りませんでした。

 

乳製品がもたらす弊害

乳製品は乳がんの原因になると言われたりしています。実際私も、そのことについて書かれた本を買い読みました。その人の体質によるところが大きいのでしょうが、やはりその本を読んでしまうと、乳製品はあまり取り過ぎないようにしたいなと思うようになります。

でも、オーストリアでの生活で乳製品を避けることって極めて難しいのです。パンには必ずバターを塗ります(これがまた美味しいんだなぁ)し、数多い種類のあるチーズの誘惑に勝てないこともしばしば。

また、自分がグラタンやシチュウが大好きなので、やっぱりたまには食べたいですし。

日本で生活するよりは、こちらでは知らないうちに乳製品を多く摂ってしまいがちですので、今後も気をつけようと思っています。

 

variousinfo.biz

 

乳製品カットの効果

乳製品をカットすると、肌荒れが改善するといったようなことをネットで見ましたが、私の場合は、ほとんどそういった変化は感じられませんでした。

私はどうやらくるみアレルギーなのです(くるみを食べると顔に赤い発疹ができる)が、月の後半にどこかで知らないうちにくるみの入ったもの、もしくは、更なるアレルギー源を食べてしまったようで、赤い発疹が出て、その発疹が収まって、皮膚が元に戻るまでに1週間ほどかかりました。。。

なので、乳製品を控えたことによる肌荒れ防止効果は残念ながら実感無しです。

それと、これも偶然かもしれませんが、いつもより排卵の時期が2日ほど遅くなったようです。(排卵痛持ちですし、基礎体温をつけているのでだいたい分かります。)それに伴って、次の生理も2日ほど遅く始まりました。そして、生理の始まる数日前から軽い偏頭痛が続き、かなり不快でした。

私の生理周期はかなり安定していて、滅多にずれることがないので、今回の2日というずれは、私にとってはなかなか大きい変化でした。

しかし、これが乳製品カット生活が原因のことなのかどうかは不明です。。

 

乳製品カットは悪く無いと思う

偏頭痛は嫌ですが、乳製品カット生活は悪くはない感じです。今後は厳格にカットをするのではなく、たまにはグラタンやラザニア、シチュウなどを食べて、その他はできるだけ少ない摂取を心がけて行ってみようと思います。

 

乳がんと牛乳──がん細胞はなぜ消えたのか

乳がんと牛乳──がん細胞はなぜ消えたのか

 

 

 

本サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。