読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欧州生活サブノート

オーストリアでの暮らしできになることをまとめています。

ダウンコート新調しました

つれづれ

f:id:sophiekumi:20160310010459j:plain

ダウンコート買いました

たまに買い物をするzalandoでよさ気なダウンコートがセールになっていました。今持っているダウンコート(5年ほど前日本の通販で確か半額で1万円くらいで買ったもの)が、形もいまいちだし、それよりも着ていて温かくないという理由であまり気に入っていなくて、でも、ダウンはそれしか持ってないし、という理由で、この数年気に入るダウンコートを探し続けてきました。

今年も探しはしていたものの、カナダグースとか、すごく温かそうだけど予算的にちょっとオーバーかな〜、ってそれ以前に、近所に売ってないから、試着しようにもできないし。。

と、また今年も買わず仕舞いなるかなぁと思っていたところに、このコートを発見。

 

f:id:sophiekumi:20160310011157j:plain

Marc O'Polo

マルコ・ポーロという、こちらではすごくメジャーなメーカーのものを買いました。定価が289ユーロほどのものだったのが、セールで230ユーロになっていて、買った人たちのコメントもすこぶる良かったので、注文してみたというわけです。

ちなみにzalandoのサイトの、同じコートの写真はこれです↓

f:id:sophiekumi:20160310011543p:plain

色がまるっきり違いますww

もともと明るめの色が欲しかったので、寧ろ私には嬉しい誤算でした。こちらの通販は、たいていの場合30日以内に無料で返品可能(セール品でも!)なので、とりあえず頼んでみて、イメージと違っていたり、サイズが合わなかったりしたら、返品しちゃえば良いということで、私のようにとりあえず注文してみる人が結構います。なので、同じ商品を同時にサイズ違いで頼むなんていうのもアリ。

 

f:id:sophiekumi:20160310012202j:plain

後ろはこんな感じです。フードはフェイクファーで、ファーも、フードも取り外し可。フェイクファーに対して、昔は偽物という感じがしてあまり良いイメージがなかったのですが、最近は考え方が変わり、動物が犠牲になっていない(すみません。そんなこと言ったら、ダウンもそうなんですけど。。。)方がいいなと思うようになって、今回フェイクファーを買うことに対しては何の躊躇もありませんでした。

リアルファーは確かにすごく温かいんですけどね。

 

f:id:sophiekumi:20160310012633j:plain

襟元は、ウール仕立てになっています。温かそうです♡

でも、この冬はもうそんなに寒くもならないと思うので、着るのは来年の冬までおあずけかなと思っています。

すぐに着られないものを買うことは、ミニマルな生活をする人から見たら、全く逆行している行為だと思いますが、オーストリアの冬は長いし、何年も着るものなので、今回は良い買い物をしたと思っています。

 

私が買ったサイズは34、こちらで言うところのXSサイズです。日本だとSサイズ(9号寄りの7号?)ぐらいでしょうか。

着丈は約74cm

身長158cm 45kg 薄めの体型の私が着ると、太ももの真ん中くらいまでの長さです。

中に厚手のセーターなどを着ている場合は、もう少し余裕が欲しいかな〜くらいの着心地ですが、温かいコートを着ている時は、中はそれほど厚着をしなくても大丈夫なので、薄手のニットなど、普通のプルオーバーを着ている分には全く問題ありませんでした。

 

zalando

ところで、zalandoは、ベルリンに本拠地を置く、ヨーロッパではすごく有名なファッションの通販サイトです。

www.zalando.at

購入価格にかかわらず送料は無料、そればかりか、返品の際の送料も無料なので、気軽に注文できるのが魅力。

発送も、こちらではかなり速い方だと思います。今回の場合は土曜の午後に注文したのですが、火曜に届きました。

様々なブランドの洋服が検索できますし、セールも頻繁に行われているので、サイトを見ているだけでも発見があって面白いです。

ただ、私の場合、色々と欲しいものを見つけすぎて、買い物しすぎないように注意しないといけませんが。。

 

 

 

 

 

 

 

本サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。