読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欧州生活サブノート

オーストリアでの暮らしできになることをまとめています。

ヨーロッパのフェイスタオルは日本のミニバスタオルサイズ

つれづれ

f:id:sophiekumi:20160221015331j:plain

 

オーガニックコットン

このブログでも紹介した「the true cost」という映画の中で、インドの綿花農家の話が紹介されていました。農薬って、食べるものだけでなく、このような身に付けるものにも使われているかもしれないということ、今まで深く考えたことがありませんでしたが、この映画の中で、綿花の畑に農薬を散布する映像を見て、目からウロコが落ちる思いでした。

それ以来、オーガニックコットンとか、自然にやさしい素材、フェアトレードに注目してしまうようになり、洋服を見る時でも素材のタグを見て「コットン100%」というのだけを見てふむふむと思うのではなく、そのコットンがオーガニックだと、お!っとそれだけで株が上がるような気持ちになります。(まぁ、オーガニックコットンにも色々あるでしょうし、オーガニックコットンじゃなくても良い素材のものがあるでしょうから、一概にオーガニックだから素晴らしい!と言うのはどうかと思いますが)

 

geo.itunes.apple.com

 

日本のミニバスタオルの大きさはヨーロッパのフェイスタオルサイズ

こちらのバスタオルのサイズって、日本のものより大きいんですよ。そんでもって、日本のフェイスタオルにあたるタオルもサイズが大きい。だいたい50cm×100cmくらいでしょうか。

これって、日本で最近見かける、ミニバスタオルとほぼ同じ大きさなんです。私は身体がそれほど大きくないので、普段使いのバスタオルもこのサイズで上等。

ということで、最近はタオルはほぼこのサイズのものを使っています。フェイスタオルもバスタオルも同じ大きさということです。

 

タオルを探す

自宅で使っているタオルはもう4,5年前に買ったもので、いい加減色もくすんでみすぼらしくなってきたので、新調したいと、ここのところ、タオルを探していました。そして、できるだけ身体に優しい素材のものを。

たまたま見ていたドイツの無印良品のサイトで、オーガニックコットンのミニバスタオルがありました。すごく気になったのですが、通販だと届くまでにちょっと時間がかかる。

f:id:sophiekumi:20160221021311p:plain

 

ということで、これは保留で、タオルなどを多く取り扱っているお店に探しにいってみました。

 

VOSSEN

f:id:sophiekumi:20160221022826j:plain

 

そこで見つけたVOSSENというオーストリアのメーカーのタオル。生地が厚くてふかふか。沢山の色の中からとりあえず今回はこの二枚を書いました。1枚12€弱でした。

 

フォッセンのタオルはすべて皮膚科学的に100%の皮膚適合性があることがテストによって

証明され、ドイツの公的機関から承認を受けていますニコニコ

また、人体に有害な物質を使わず、使う人の健康に悪影響を与えない製品として繊維製品の

国際的な安全基準を定めたエコテックススタンダード100の規定をクリアしていますニコニコ

最高品質のタオル“VOSSEN”(フォッセン)!! コステロ自由が丘店|コステロ自由が丘店のブログ

 

ということで、身体にも優しそう。ちなみに下のは、タオルについていたタグです。

f:id:sophiekumi:20160221024005j:plain

 

VOSSENのHPでは沢山のタオル製品を見ることができます。オンラインショップもありますが、残念ながら日本への発送はしていません。

でも、タオル好きの私にとってはこのサイトを見ているだけでもなかなか楽しいものがありました。

日本のアマゾンでも売っているには売っているようですが、このミニバスタオルサイズはなさそう。この大きさ、すごく便利なのになぁ。。。

 

 

 

 

本サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。