読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欧州生活サブノート

オーストリアでの暮らしできになることをまとめています。

1000万円貯まる本。

お金

f:id:sophiekumi:20160207184518j:plain

MY予算を立てる

先日届いた日経WOMANの付録にこんな冊子がありました。「2016年の最強お金バイブル!1000万円貯まる本。」だそうです。

すごく面白かったですし、私ももっと頑張って貯金したいなとモチベーションを高めてくれるものでした。

 

28歳で資産1730万円

f:id:sophiekumi:20160207185254j:plain

年代別に、資産が1000万円以上の人のデータも紹介されていてとても興味深いです。こういう「あなたのバッグの中身拝見」的な記事はすごく好き。

しかし、20代で資産1730万円ってすごい!

私は長いこと学生をしていたので、社会人として働き出したのは30代に入ってから。なので、当然蓄えも少なくて、彼女達からみたら信じられないでしょうけど、私からしたら彼女たちの方が信じられません。

これらの記事を見ていると、やはり皆さん投資、運用をしています。コツコツ貯めるだけではここまで貯められないということでしょうか。

 

2016年のMY予算

今年のMY予算を立てよう!ということで、このような計算シートも掲載されていました。ちょっと書き込んでみて、私も今年の予算を立ててみようと思います。

f:id:sophiekumi:20160207190204j:plain

 

地方銀行ネット支店

個人的にすごく面白いと思ったのは、この記事。地方銀行のネット支店Best10が紹介されていました。一年満期の高金利の定期預金ができるのだそうです。

第一位は愛媛銀行四国八十八ヶ所支店!

ちなみに、この支店の「100万円限定だんだん定期預金」という商品は、100万円一括のみで預けることができ、金利は年0.4%(6ヶ月複利*)で、100万円を一年預けた場合、3200円の利息がもらえるのだそう。

www.himegin.co.jp

これに比べ、都市銀行などの一年定期の金利は、ゆうちょ銀行が0.035%、三菱東京UFJ銀行が0.025%だといいますから、この差は大きいですね!

 

*複利とは?

お恥ずかしながらこの言葉の意味を知りませんでした。調べてみると、利息には「単利」「複利」の二種類あり、「単利」というのは、元本に対してのみ利息がつくというもので、「複利」というのは、運用期間中に発生する利息も元本に組み込まれ、それに対して利子がつくというものなんだそうです。

増えた分に対して利子がついていくので、増えるスピードが「単利」とくらべて違うということなんですね〜。

 

この冊子で紹介されている地方銀行ネット支店の商品で複利のものは、この四国八十八ヶ所支店のものだけ。それだけでも非常に魅力のある商品のようです。

 

地方銀行のネット支店、なんだかもっと調べてみたくなりました!

 

「29歳貯金ゼロ!  年収300万!  このままで大丈夫か!?」と思ったら読む本

「29歳貯金ゼロ! 年収300万! このままで大丈夫か!?」と思ったら読む本

 

 

 

 

 

 

本サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。