欧州生活サブノート

オーストリアでの暮らしできになることをまとめています。

LINEアカウント乗っ取られました ③ 今後被害に合わないための対策

今後被害に合わないための対策

前回はLINE乗っ取り被害に合ったら、まずやるべきことをまとめてみましが、今回は、その一連の仕事が一段落してから、今後同じような被害に合わないためにできる対策を考えてみました。

 

①LINEのアカウント再取得、セキュリテイー設定の強化

②他のサービスのパスワード変更

 

 ①LINEアカウントの再取得、セキュリティー設定の強化

乗っ取り被害に合ってもそれでもまたLINEアカウントを取得したい人は、またアカウントの取得手続きが必要です。

 

新しくアカウントを取得したら、設定画面を開き、「アカウント」をタップ

f:id:sophiekumi:20160117234854j:plain

 

そうすると、この画面が出てきます。

1.メールアドレス登録

メールアドレスを登録します。

2.ログイン許可をオフ

この画面の一番下「ログイン許可」をオフ(白)に。こうすることで、このスマホ以外の外部機器からLINEへのログインが不可能になります。

f:id:sophiekumi:20160117234907j:plain

もう一度元の画面に戻ります

写真には写っていませんが、元の画面の真ん中より下の段に「友だち」欄があるのでそれをタップ。

 

f:id:sophiekumi:20160118000159j:plain

LINEでやり取りする人というのはそもそも限られているし、あまりコンタクトの数を増やしたくなかった(万が一またこのようなことがあったら沢山の人に迷惑をかけることになるかもしれないから)ので、自動で友だちを追加したり、追加されたりすることをオフにしました。

 

また、私は国外にいるので、PINコードが使えないのですが、日本国内の場合はPINコードも設定をしておきます。

 

③他のサービスのパスワード変更

私のLINEのパスワードは他のサービスでも使っていたものでした。なので、同じパスワードのものは変更しました。でも、まだ私が見落としているものもあるかもしれないのでなんとも言えませんが。。

念のため、思いつくものは全て変更しました。

 

今回のことで、自分の周りの人、特に身近な人にとても迷惑をかけたので、正直、このままLINEを使い続けようかどうか迷っています。しかし、そろそろ退会しようと思っていたFacebookを通して、色々な人からLINE乗っ取られてる!って連絡を頂いたり、また私が友だちへ向けて、乗っ取られた旨を公表できたりして、Facebookのアカウントがとても役に立ったので、LINEもやめてしまわずにいるといつか役にたつことがあるのかもしれないなと思うと、踏ん切りがつきません。

ただ、やみくもに友だちのコンタクトを増やすことはしないようにしようと思っています。

 

Iphone使っている人となら、iMessageでやり取りができるし、LINEがなくても、連絡を取ろうと思えば取れる人がほとんどです。

確かに可愛いスタンプとかは使えなくなるんですけどね。

 

今回のことで、LINEの危険性や、パスワード管理の重要性、その他色々なことを勉強することができたのは収穫だと思っています。

皆様もくれぐれもお気をつけくださいね。

 

本サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。