欧州生活サブノート

オーストリアでの暮らしできになることをまとめています。

日本への一時帰国時に最適プリペイドデータSIM

f:id:sophiekumi:20160103203419p:plain

 

日本で無料のWIFIを見つけるのはまだまだ難しい

日本へは年に一度まとめて一月ちょっと帰っていますが、その時にいつも不便だなと思うのが、出先でのネット使用の時。

段々増えてきているそうですが、それこそどこでも無料WiFiが飛んでいるオーストリアと比べると、日本(私の故郷)では無料WiFiを見つけるのはまだまだ至難の業。

日本でスマホを契約している人でないとなかなか難しいんですよね。

去年帰国した時には、ポケットWiFiをこちらで買い、それに、家族の持っていた格安Simを入れて使っていました。

 

SIMフリーのスマホを新しく購入

それでも良かったのですが、先月新しくSIMフリーiPhoneを購入したことにより、次帰国したら、そのiPhoneに日本のSIMカードを差し込んで使用したいと思っています。(今まで使っていた年季物のiPhone4はシムロックがかかっていたため、日本での使用は不可能でした。)

 

FREETEL

そこで見つけたのがこのFREETELのプリペイドSIMカード!

 

f:id:sophiekumi:20160103204101p:plain

f:id:sophiekumi:20160103204102p:plain

  • データ容量は1G(7日間有効)と2G(30日間有効)の二種類
  • 1G 1780円 2G 2780円
  • リチャージは500MB 1480円
  • FacebookやWhatApp,LINEなどのSNSアプリ使用は無料!

 

ざっとまとめてみるとこんな感じです。

なんといっても、*1いくつかのSNSアプリは無料で使用できるのが嬉しいですよね!

このSIMカードで通話はすることはできませんが、別にネットさえつながっていれば、LINEなどで通話をすることは可能ですから、大して不便は感じません。

 

FREETELのHPによると、1Gの使用料目安としては

ニュースサイトトップページ 約3410回

300字程度のテキストメール 約204800回

スカイプでの3分間の通話 約580回(1470分)だそうです。

 

私の場合、SNSサイト以外では、電車の時刻を調べたり、地図を見たりすることがほとんどなので、1Gもあれば十分じゃないかと思いますが、滞在期間が長いので、2Gの方を購入することになると思います。

※Facebook, Wechat, WhatApp, Kakaotalk, LineのSNSアプリに対応

 

似たような商品としてSonetのプリペイドLTE simがあります。これも大変便利な商品だと思いますが、FREETELのものより若干高いのと、SNSの無料使用はできないことがデメリットといえばデメリットでしょうか。

でも、SIMの有効期限はSonetの商品の方が長いので、比較検討してみると面白いかもしれません。

 

 

 

 

Prepaid LTE SIM プラン2G  MicroSIM版

Prepaid LTE SIM プラン2G MicroSIM版

 

 

 

 

*1:

本サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。