読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欧州生活サブノート

オーストリアでの暮らしできになることをまとめています。

12月のチャレンジを振り返る

f:id:sophiekumi:20160102063254j:plain

 

先月のチャレンジを振り返ります。

12月は健康に関するチャレンジでした。

 

 

sophiekumi.hatenablog.com

 

  •  足湯
  • ウォーキング
  • 綺麗な腸をつくる

 

この3つを頑張ってみました。

 

 

足湯は結構毎日できました。旅行に出ていた期間はできませんでしたが、それ以外の日はほぼ毎日足湯をしました。

 

我が家のお風呂のお湯は日本のように調節できません。お湯だけだととても熱いです。

かと言って、水を混ぜてしまうと、一定した温度でなかなか入れることができず、ぬるくなりすぎたりするんです。

なので、私は水を混ぜずに、熱いお湯をたらいにいれて、しばらく冷ませてから足湯をするという方法をとっています。

差し湯をすると長くできるんでしょうけど、ちょっと面倒なので、よっぽど足が冷えていない限り、入れたお湯がぬるく感じるようになったら終了するようにしています。

 

すごく使える食品用温度計

ここで毎日のように活躍しているのが、別の目的で先月買った食品用の温度計。本来はお肉の火の通りなどを計るためのものだと思うのですが、私はこの温度計を、足湯のお湯の適温を調べるために使用しています。

 

だいたいいれたてのお湯が52〜53度。これでは熱すぎです。これをだいたい10分ちょっと冷ますと47〜48度くらいになります。調べてみたところ、これくらいの温度が私にはちょうどだと分かりました。

ちょうどというのは、最初はかなり熱いんだけど、ちょっと我慢すれば耐えられるくらいの温度。

 

少し足を入れていたら、気持ち良く感じるくらいに温度が下がってきて、それからもう少しすると、今度はちょっとぬるくて物足りなくなります。

 

これで私の足湯は終了。

そういえば、12月は前半風邪をひいてしまったのですが、症状はそれほど酷くなく、仕事も休むことなく元気だったので、足湯のおかげで軽くて済んだかな?と思うことにしますw

 

ウォーキング

職場が徒歩1分圏内なので、油断すると、一日に数百歩しか歩かないような日があります。それを解消すべく、今月は積極的に歩くようにしました。

だいたい平均すると一日に6〜7000歩歩けたかな。

特に旅行に行ったので、旅先では良く歩きました。

その他近所の山へウォーキングがてら登ってみたり、意識的に歩きました。

万歩計をフル活用しましたよ。

 

タニタ(TANITA) 3Dセンサー搭載歩数計 橙 FB-731-OR

タニタ(TANITA) 3Dセンサー搭載歩数計 橙 FB-731-OR

 

 私の持っているのは、この万歩計。

2年前に購入してから、まだ一度も電池交換をしていないくらい長持ちです。機能は万歩計のみ。一度スタートすると、リセットボタンを押すまで歩数を測り続けます。

パンツなどにパチンと止められるように留め具もついていますし、バッグの中に入れていても測ってくれるので便利です。

 

 

タニタ(TANITA) 3Dセンサー搭載歩数計 黒 FB-731-BK

タニタ(TANITA) 3Dセンサー搭載歩数計 黒 FB-731-BK

 

 でも、この3Dセンサー搭載歩数計なんてものを発見してしまいました。

興味があるのでちょっと調べてみようと思います。

 

綺麗な腸

これは、正直実行できたかどうか不明です。できるだけ果物や野菜を摂るようにはしましたが、もっとイモ類とか食物繊維のあるものをとりたかったなと思います。

環境が変わるとお通じがとまってしまうことの多い私は、案の定旅行中、腸が働いていなかったようで、何日もお通じがありませんでした。

なので、その期間は乳酸菌サプリを取りました。

 

ミヤリサン 錠 630錠 [指定医薬部外品]

ミヤリサン 錠 630錠 [指定医薬部外品]

 
強ミヤリサン 錠 330錠 [指定医薬部外品]

強ミヤリサン 錠 330錠 [指定医薬部外品]

 

 採っていた乳酸菌サプリはこちら。ミヤリサンです。

気のせいかもしれませんが、結構すぐ結果が現れます。普通のミヤリサンと強ミヤリサンがあるのですが、普通のミヤリサンが一度あたりの摂取量が6粒なのに対し、強ミヤリサンは3錠というだけの違いです。

強ミヤリサンは、普通のミヤリサンより粒が大きいので、結局摂取量は同じなんでない?って思いますがww

 

ちょっと長くなりましたが、先月のチャレンジを振り返ってみました。

1月のチャレンジもがんばろう!

 

 

 

本サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。