欧州生活サブノート

オーストリアでの暮らしできになることをまとめています。

あけましておめでとうございます

f:id:sophiekumi:20160101221132p:plain

 

2016年になりました。今年も皆様が健やかで素晴らしいことがたくさん起こりますように。

 

さて、12月31日で解約になるはずの自宅のネットが元旦の今日でもまだ使えている状態なので、新年のブログ更新をしたいと思います。

 

大晦日年越しパーティー

昨夜は大晦日年越しパーティーへでかけました。日本人としては、ゆく年くる年の鐘の音を聞きながらおごそかに新年を迎えたいところなのですが、こちらではそういうわけにはいきません。

年越しは花火で派手に祝います。

 

直前まで迷った服装

年越しパーティーはビュッフェがあり、生バンドが演奏し、ダンスもあり、というのは去年同じパーティーに出席して分かっていました。

このパーティーに何を着て行こうかと迷って、直前まで決まっていませんでした。

お気に入りのドレスはある。でもお気に入りだからこそ食べ物や飲み物で汚れてしまうのが嫌。

だから、パーティーにはお気に入りは着て行かない。

 

というのが今までの自分だったと思います。でも、良く考えてみたら、このお気に入りのドレスを買って(4年くらい前だったかな)からこれまでに何度着たでしょう。

汚すのが怖くて、結局たった2,3回くらいしか着てなかったのです。

私にしては結構高い買い物だったのに、たった数回しか着ていないって、そっちの方がもったいないと思いました。

 

お気に入りだからこそ着る機会を増やす

そもそもドレスを着る機会ってそんなにないのに、その中でもお気に入りは汚れるのが嫌で滅多に着ないんじゃあ、持っている意味がありません。

もし汚してしまった時はその時か!

と思い、今回は、せっかくの年に一度のパーティーに、そのお気に入りドレスを着ていくことに決めました。

 

評判上々

おかげで、お気に入りのドレスを着ている自分が昨日は頼もしかったし、知人からの評判もすごくよくて、着て行って大正解でした。

好きな服というのは、つまり自分を素敵に見せてくれる服ということでもありますよね。

そういう服を着ないで、よごれても良い服とか、安かったからというだけで買った服とかを着てばかりいるのは、結局元が取れないことになっちゃうんじゃないかと思います。

 

今後の目標

今回のドレスにかぎらず、今後は、自分の好きな服を手元に残し、それをヘビーローテーションでがんがん着て、くたびれてしまったら、それに替わるものを購入する。

という方向へ転換していけたらと思っています。

 

新しい年になったことですし、またそろそろ洋服の整理でもしましょうか〜

 

 

本サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。