読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欧州生活サブノート

オーストリアでの暮らしできになることをまとめています。

7分間ワークアウト

youtu.be

 

7分間トレーニングを夏前に集中的にやっていました。その後、病気で入院したことがきっかけで、ワークアウトからすっかり遠のいてしまっていたのですが、最近また少しずつ再開しています。

 

最近はこの7分間ワークアウトの動画を利用してトレーニングしています。これまで使っていた動画と比べて違う点は、休憩中でも動きをとめていないところ。そして、腕立て伏せなどのちょっと難しい動きは、ひざをつく、などの方法で負担を軽くする方法を紹介してくれているところ。

ここが気に入っています。

それに、たった7分間なんですけど、やり終わると充実感があるし、汗もかいてすごく気分転換になるのがまた良いんですよ。

 

去年の今頃だったかな、四十肩か?!みたいな肩の痛みが続いていた時にホームドクターのところへ行ったところ、「筋肉をつけなさい」とアドバイスをされました。

その後結構真面目に筋トレ、特に肩まわりの筋トレをやっていたのですが、症状が良くなってくると同時に段々怠け者になり、筋トレはその時も続けられませんでした。

 

夏前は、また肩が痛くなってきたので、筋トレを始めたのですが、入院で中断。そして、今回、実は数週間前から肩の痛みがまた酷くなり、一時は肩の上げ下げ運動をするだけで痛かったのです。

これまでの経験をもとに分析してみると、私の肩の痛みは、いつも左右どちらか片一方で、段々痛くなって、ピークを迎え、また除々に治っていくというもの。

今は痛みはほとんど消え、日常生活にも全く支障はありません。

 

でも、痛みのピークの時期は、肩が痛いだけで気分が優れませんし、動くのも億劫。

痛みがほぼなくなった今、痛みを感じること無く、家事や仕事ができるのはなんて幸せなことだろうと実感しています。

たかが肩の痛み、されど肩の痛み。痛みがあるのと無いのとでは、生活と気分の質に雲泥の差があります。

 

母が良く「肩が痛い」とぼやいていますが、これだったのか!と今なら分かります。母も私も骨格が華奢で筋肉が少ないのです。

今までは若さでそれが防げていたものの、段々私も身体を意識的にメンテナンスしないと質が保てないような年齢になってきたということ。こればっかりは仕方がありません。

 

また、細身の同僚は「背中の筋トレに通うようになってから背中や肩の痛みが消えたのよ〜オススメよ〜」と言っていますが、恐らく彼女も私と同じような問題を抱えていたのだと思われます。

 

骨格が華奢な方で同じような悩みを持っていらっしゃる方は、筋トレをちょっとだけ真面目にやってみると案外すんなり問題が解決するかもしれません。

って、私も痛くなった時に慌てて筋トレをするのではなく、定期的にやらないとダメなんですけど。。。

 

上に紹介した7分間ワークアウト、今は週に3,4回のペースで行っています。それに加えて、気分でヨガや他のストレッチを追加したり。

冬になって寒くなると、更に血流が悪くなって、いろんなところが痛くなったり凝ったりすると思うので、頑張らなければなりません!

本サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。