欧州生活サブノート

オーストリアでの暮らしできになることをまとめています。

私の使っているお米 DAVERTのBioMilchreis

f:id:sophiekumi:20151111231429j:plain

11月第2週目に買ったものの中にこのお米があります。

いつもは近所のBIoスーパーで買っていたのですが、今回は

www.amazon.de

で買ってみました。4つパック(500g×4)で8.02€でした。

近所のBioスーパーだと、一袋で2.4€くらいするのでアマゾンで買う方が少し安いのと、アマゾンだと、ちょっと重たいこのようなものを自宅まで届けてくれるので、自分で運ぶ必要がないというのもあって、今回このようにしてみたのです。

 

個人的には、アマゾンを使うよりは、できるだけ地元の企業で買い物をして、応援したいと思っているので、今後このような買い方を続けるかどうかはまだわかりません。でも重いものはこうやってお世話になってしまうかも。。。

 

欧州に来て以来、さまざまなお米を試してきました。日本に帰省した際には地元の新米を買ってきてみたり、こちらでは日本食材店で、イタリアやアメリカで育てられたコシヒカリを試してみたり。

はたまた、ドラッグストアdmのBioのお米を試してみたり。(dmのBioミルヒライスは安いけど、このDAVERTに比べて味が落ちると私には感じました)

 

そのような試行錯誤を経て、現在はもっぱらこのお米ばかりを使っています。

なぜここに行き着いたかというと、まず、日本からお米を空輸するのは大変。こちらで日本産日本米を買うのはとても高く付くし、お店は大きな都市にしかないから、地方在住の自分にとっては、お米を買いに行くのも一苦労だし、持って帰るのもまた一苦労。

そして、日本米とはいえ、どのくらいの農薬が使われているかは不明。

 

なら、気軽に近所のBioスーパーで買えるBioのお米(といっても、どのくらいの農薬が含まれているか、これもまた分からないのだけど、気持ち的に安心)を使おう!

という理由からです。

 

味はというと、確かに、日本へ帰省していて、またこちらへ帰ってきた直後に食べると、やはり劣ります。

でも、その味にもすぐ慣れてしまいますので、普段の生活にそれほど支障はありません。

 

ちなみにこのお米のサイトはこちら

ミルヒライス用のお米だけど、普通に炊いても美味しく食べられます。スーパーでは寿司用のお米とかいう名前で、高いお米も売られていますが、そこまで美味しいと思いませんでした。

巻き寿司を作る時ももちろんこのミルヒライス用のお米を使っていますが、十分に美味しく仕上がります。

 

機会があれば、ぜひお試しください。

 

 

staub ココット ラウンド 16cm グレー 40509-479(1101618)

staub ココット ラウンド 16cm グレー 40509-479(1101618)

 

 

 

 

本サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。