読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欧州生活サブノート

オーストリアでの暮らしできになることをまとめています。

木製の食器

f:id:sophiekumi:20151108185805j:plain

 

これは、フィンランド人の知人が、彼のお父さんが作った

 

と、フィンランドのお土産としてくれたもの。

木の素朴な雰囲気がなんとも素敵でとても気に入っています。

f:id:sophiekumi:20151108191049j:plain

 

この器は、日本で買ってきたもので、杉の木だったかな?

ここ数年、木でできた食器にとても興味があり、少しずつ集めています。今年の夏は日本で、地元の木で作られた曲げわっぱも買ってきました。木の香りのする曲げわっぱのお弁当はなんとも良いものです。

 

木って金属や陶器と比べると軽いし、ほっこりした暖かみがあります。しかも割れない!何かとぶつかっても硬い音がしません。

ただ、食洗機では洗えないですし、洗った後はちゃんと乾かしておかないといけないので、手入れに手間はかかります。

 

次に欲しいなと考えているのは、普段使いのお皿。朝食などの際に使えるようなお皿です。木製の食器で気をつけなければならないのは、木の劣化を防ぐために木に塗装されている化学物質。

塗装された物質が揮発してしまえば大丈夫だとか、熱いものを入れなければ溶け出さないとか聞きますので、使い方に気をつければそれほど心配することでもないのかもしれません。

少し調べたところ、ラッカー塗装には非常に疑問が残ります。海外で作られた安い木の食器などによくつかわれているそうですので、購入の際には塗装がどのようなものなのかということに注意しなければなりません。

 

 

でも、できれば、より自然な状態で使いたいというのが本音。

 

ameblo.jp

 

ここに木製食器のメンテナンス方法が説明されてありました。乾燥が早く、匂いの少ないくるみオイルがオススメされています。

 

冒頭のフィンランドのお土産のカップはむき出しの木なので、まずはこれからオイルでメンテナンスしてみようかな。

 

 

 

 

hyozaemon.shop-pro.jp

www.tomatobatake.jp

 

 

 

 

 

 

本サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。