欧州生活サブノート

オーストリアでの暮らしできになることをまとめています。

南仏コートダジュール 二泊三日の旅で使ったもの使わなかったもの

数年前からずっと行ってみたかったコートダジュールの旅から帰ってきました。

f:id:sophiekumi:20151013182158j:plain

 

写真は、ホテルスイスの近くの展望台からの眺め。

10月、11月は雨が多く降る気候だそうですが、この日は本当に最高のお天気でした。

海の色が素晴らしい、まさに「碧」

今住んでいるオーストリアとは光の強さがまるっきり違います。

気温も高く、10月中旬にもなるというのにビーチでは海水浴を楽しむ人がたくさんw

ニース空港に降り立った瞬間から、光の強さに圧倒されっぱなしでした。

 

さて、前回旅に出かける前にリストアップした持ち物。

使ったもの、使わなかったものをチェックしてみます。

sophiekumi.hatenablog.com

 

・カメラ

・スマホ

・ガイドブック

・財布

・パスポート

・サングラス

・下着類 二泊分

・靴下 (普通の長さを2足、短いのを1足、長いのを1足、タイツを1足)

・パンツ、薄手のニット

・キャップ

タオル1枚(宿にも恐らくあると思う)

・パジャマ

・スリッパ(室内で履く)

ビーサン(シャワーを浴びるときなどに使えるので便利)

・デイリーのコンタクト3日分

・メイク落とし

・日焼け止め

リキッドファンデ

化粧下地

・アイブロウ

口紅

・練りチーク

・洗顔料

・歯ブラシ+歯磨き粉

・オイル(化粧水代わり)

シャワーキャップ

・シャンプー

・文庫本1冊

 

ビーサンが必要なかったのは、バスルームがコンパクトで、シャワーキャビンでなく、バスタブが付いていたため。

また、メイク系は日差しが強かったので、日焼け止めはしっかり塗っていましたが、その他は眉を描くくらい(これも別になくてもよかったかも)、チークも初日使ったものの、ま、必要ないか〜ってことで使用頻度ほぼゼロとなりました。

ただ、夜オペラやカジノ、ちょっと高級目のレストランなどに行く予定があれば、やはり少しはメイクをして行った方が良いと思いました。

シャワーキャプも、髪を洗わない場合は、まとめておけば良いので、意外と必要ありませんね。

私はロングヘアですが、むしろ、セミロングあたりの、髪をまとめるのが難しい長さの人には便利な物だと思います。

 

さて、私の場合いつも貧乏旅行なので、ホテル代の高いニースでは今回はAirbnbを利用し、小さいアパートを借りました。

手数料等込みで二泊で140ユーロとお手頃。

 

www.airbnb.jp

 

オーナーの家の一部を借りるのではなく、アパート丸ごと借りるので、気兼ねすることもなく、すごく気楽で快適。

オーナーとは英語でやりとり。チェックインやチェックアウトも融通を利かせていただいたし、すごく良い方でした。

次回ニースに行くことがあれば、また利用したいと思っています😊

 

そして、普通のアパートなので、もちろんバスルームもキッチンもアリ。朝食は毎朝近所のパン屋さんで美味しいクロワッサンを買い、オーガニックショップで卵と果物を買い、宿で調理して食べました。

現地で生活をしているみたいな感じで滞在できるのはとても楽しいですよ〜。

 

 

 

 

 

本サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。