読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欧州生活サブノート

オーストリアでの暮らしできになることをまとめています。

ころもがえ時に洋服の見直しを

オーストリアは日本に比べると、四季の変化がそれほどはっきりしていません。

昨日30度超えるほど暑かったと思えば、今日はコートが欲しいほど肌寒いなんてことも度々で、気温の変化が、1日のうちでも、1週間のうちでも激しいのが特徴。

 

なので、まぁ、日本のように、ばっちり夏の服、冬の服と分けられないのですが、一応、衣替えはしています。

 

最近、ますます秋めいてきて、さすがに暑い日はあまりこれからはなさそうになってきたので、今日は衣替えをしてみました。

 

以前冬物を仕舞った時に、大量に洋服を処分したこともあって、冬物を出してきてみると、想像よりずっと少ないのに我ながら驚きw

早速、夏物も仕舞う前に、いろいろと整理をし、大きな紙袋3袋分くらい処分することにしました。

 

洋服ってこうやって処分用に袋詰めすると、すごく重いんですよね。

ろくに着ないのに、衣替えのたびに、仕舞ったり、出したり、引っ越し時には、荷造りをしてよいしょよいしょと運んだり。

そういう労力を、洋服が少ないことで随分節約できることは本当に素晴らしいことだと思います。

 

そして、クローゼットやたんすに隙間があるという爽快感。

これまではぎゅうぎゅうに詰め込んでいて、それでも入りきらなくて、放置状態だったりした衣類もあったりしたので、それがなくなると実に気持ちが良い。

 

そうは言っても、まだまだ衣類は多く、整理の余地はありそう。

セーターとか冬ものはかさばりますから、それだけスペースもとるから、余計に多く見えてしまうというのはあるけれど。

 

それでもボトムスはパンツだけでも10着以上。

それプラス、スカートがこれまた10着弱、そしてワンピース。。。

まだまだ多い気がします。

この冬このままで試してみて、着ないものがあれば、シーズンが終わったら処分しちゃいたいと思っています。

 

 ちなみに、この本を夏に日本で買って、こちらまで持ってきました。

時間がある時に読み返して、なるほどなるほどと勉強している最中です。

服を買うなら、捨てなさい

服を買うなら、捨てなさい

 

 

 

 

本サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。