読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欧州生活サブノート

オーストリアでの暮らしできになることをまとめています。

耳の帯状疱疹と顔の神経麻痺 入院3日目

耳の帯状疱疹と顔面麻痺

入院3日目

予定だと、今日が入院生活の折り返し地点。

さて記録記録っと。

 

6:45 血圧測定(104/62)

7:00 点滴1,2

7:15 朝食(ヨーグルト、りんご、果物茶)

10:00 点滴3が終了

10:05 午前の回診 

12:00  昼食(魚料理、スープ、ほうれん草炒め、サラダ、果物)

15:00 点滴4、5

16:15 午後の回診

16:30 院内のカフェでケーキを食べる

17:00 夕食(野菜とチーズのサラダ、パンふた切れ、お茶)

 

 

今日朝一で、昨日教わった顔の筋肉トレーニングのための運動をする。

昨日は音がでなかった口笛、今日なんと少し音が出るようになっていた!

もしかしたら、単に私が要領を得ただけなのかもしれないけど、この小さな変化は私の大きな大きな一歩であるように感じ、朝からすごく嬉しい。

 

点滴のせいだろうか、足がひどく浮腫んで自分の足じゃないみたいにずんぐりむっくりしている。

ちょっと歩くと足首のあたりが痛いのだが、散歩は浮腫み解消には良さそう。

あと、ベッドに寝る時に、足を高く上げることも良いとドクターに言われた。

 

食事の時のもどかしさはまだ続いている。ちょっと大きめのものは噛みづらいので、小さく切って口に入れるのは基本。

見舞いにきてくれた知人が、昨日よりちょっと麻痺している側の頬が上がるようになってると言ってくれて、それもまた嬉しかった。

 

午後の回診の時に、気になっていた自分の症状についてドクターに質問してみた。

私の麻痺はベル麻痺かラムゼーハント症候群か知りたかったから。

ドクターはラムゼーハント症候群という名前は知らないようで(きっとこの国ではこういう風な分け方をしないのかも?)、私の麻痺はFacialsparese(wikiではベル麻痺と訳されている)ですよとのこと。

耳の帯状疱疹のこともあったので、ラムゼーハントかな?と思っていたけど、もうこれはベル麻痺だと信じよう。

ベル麻痺の方が一般的に回復が良いらしいから、そうだと信じるしかない!

 

本サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。