欧州生活サブノート

オーストリアでの暮らしできになることをまとめています。

耳の帯状疱疹と顔の神経麻痺 病院へ 

あらすじ

6月23日 右耳たぶの痛みが少し強くなる

6月24日 右耳たぶが腫れて熱を持つ

6月25日 腫れが収まってくる

6月26日 耳たぶはかなり腫れが引き、痛みも減少、夜歯を磨いた時に鏡にうつる自分の

     唇が左右対称じゃないと気づくけど気にしない

6月27日 午後口をぷくーっと膨らませた時に空気漏れに気づく

6月28日 朝、鏡の前でオーっと口を開けると、完全に口が左側へ曲がっている

                 瞬きも右側が遅いし、右でウインクができない

     顔を洗う時に、右目に水が入る

今日はここから↓

6月29日 朝一でホームドクターへ

     ホームドクターから総合病院への紹介状(神経科)を貰いすぐ行くよう言われる

                総合病院の神経科でドクターが、これは耳鼻科だと言い、耳鼻科へ

     耳鼻科の先生、耳を見るなり、一発でこれはヘルペスだと言う。

 

 

 

6月29日、朝からホームドクターのところへ行くと、ドクターは私の症状を見ると、すぐに総合病院の神経科への紹介状を出してくれ、「今日この後すぐ行ってください。

それで、また明日うちへ来てください。」とのこと。

 

緊急の紹介状などもらったこともないので、これは大変なことかも?!とすごく不安になりながら総合病院へ。

神経科で症状を話し、診察してもらったところ、すぐにその先生は「これは耳鼻科ですね」と言い、次は耳鼻科へ。

 

耳鼻科の先生にまた症状を話し、先生が私の右耳を見るなり、「ああこれはヘルペスウイルスですね。」と。

後で先生にきちんと教えてもらった症状名はHerpeszosterとGesichtslähmung。

Gesichtslähmungは日本語で「顔面麻痺」Herpeszosterは調べてみたら「帯状疱疹」だった。

 

顔面の麻痺を早く治すためにも今日から入院してくださいとのことで、そのまま即入院。

こうやって私の人生初の入院生活が始まった。

青天の霹靂とはこういうことだわぁとおろおろしているうちに、病室へ案内され、手首に個人識別バンドを巻かれ、点滴が始まった。

 

 

この前日、ネットでだいぶ知識を入れていたので、やっぱりなぁという感じ。

ただ帯状疱疹の強い痛みや耳鳴り、めまいは私にはなかったので、まぁ色々個人で違うこともあるんだと思う。

 

新版 帯状疱疹・単純ヘルペスがわかる本

本サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。